入社1年目のスケジュールを追う

2020年4月入社の金井獣医師 《入社1年目を終えて》

Profile

  獣医師2年目

               金井 一晃

    出身大学

    麻布大学獣医学部

 興味のある分野

    循環器、麻酔

  趣味

    旅行、映画鑑賞、スポーツ、読書

 好きな食べ物

    ラーメン、餃子、スイーツ

 好きな言葉

    ありがとう

 飼っている動物

    M・ダックス(りん)

2020年4月入社

獣医師 金井一晃のご紹介です。

獣医師として、新社会人として最初の1年間を終えての感想をインタビューしました!

2020年は、コロナ禍でもあり思うように見学に行くことが出来なかった学生さんも多いのではないでしょうか。選択する病院によって、先輩獣医師によって、新社会人の生活や仕事内容は大きく影響されていきますよね。

りんごの樹動物病院では、ご希望に合わせた教育プログラムを先輩獣医師と作り上げながら取り組んで頂きます。

分かりやすくプログラムを表にしたものもご用意しておりますが、あくまで目安ですので、どんどん仕事を覚えたい! しっかりゆとりを持った教育が受けたい! 腹腔鏡のトレーニングを受けたい!などあれば遠慮なくご相談くださいね。少しでも進路や病院選びに迷う学生さんの参考になれば光栄です。

それでは、緊張の連続!? 4月から追ってみましょう

2020年  4、5、6月

・先輩獣医師の横について診察を見学する

・看護師と共に検査などを行う

午前 : ワクチン枠にて保定、血液検査、尿検査、糞便検査

午後 : 手術見学、診察見学、調剤、採血、臭腺絞り、耳掃除

血液検査

りんごの樹動物病院へようこそ!

最初の頃のことは覚えてる?

覚えることもたくさんあるし、困ったこととか多かったかな?

ラム音(ラムネ)
獣医師 金井一晃

4月~6月までの間は、自分の気持ちに寄り添ってくれた先輩獣医師の判断で、マイペースにゆっくり進んでいきました。

スタートは他の病院と比べてゆっくりかもしれないけど、無理せずガツガツせず、新社会人としてのリズムを整えやすく、僕にはちょうど良かったです。

もちろんどんどん進みたいタイプの方でも、先輩と相談しながらペース配分していけますよ!

先輩は優しかった?

ここのスタッフさんは、みんな僕にいつも優しくかまってくれるよ!

ラム音(ラムネ)
獣医師 金井一晃

河内先生が担当についてくれて、いつも優しいです。今も困った時は、まず河内先生に聞きに行きますね。

獣医師 金井一晃

実家が愛知県なので、愛知県の病院を探していた、というのもあるけど

スタッフ同士の雰囲気の良い病院を、教授に相談して紹介してもらった病院が、りんごの樹動物病院でした。

先輩獣医師も看護師もオープンな良い雰囲気で働いていて、働きやすそうな病院だなと思って決めました。

2020年  7月

・引継ぎの点滴 → 麻酔 → 混合ワクチン

・補助医と共に、点滴や注射などを飼い主様の前で始める

・入院副担当につき、ひとつの症例を通して診る

りんごの樹動物病院では、

有給消化率100%を目指しているけど、入社したばかりでもきちんと休みは満喫出来てるのかな?

ラム音(ラムネ)
獣医師 金井一晃

入社してからはずっとコロナ禍が続いているため、あまり外に出られず、休日は家でゆっくり過ごしたり、勉強したり、リラックスする時間が増えました。

たまに地元の友人と出かけたり、病院のスタッフと休みを合わせて京都に遊びに行きましたよ。

獣医師 金井一晃

7月からはいよいよ飼い主さまの前に立って処置や混合ワクチンを打つ時期に入りました。

学校ではワクチンの練習などはないので、すべて1から経験していきます。

不器用なことを気にされる学生さんも多いそうですが、きちんとトレーニングを積めるのであまり気にする問題でもないかと思いますよ!

2020年  8月

・診察の見学 → 補助 → 救急で来院された誤食の診察、催吐処置

ステップ2に入った感想はどう?

ラム音(ラムネ)
獣医師 金井一晃

この頃からは、今まで何が分からないのかが分からなくて、漠然としていた疑問なども、少しずつ分かるようになってきました。

勉強する、見学する、だけでなく実際に経験してみないと分からないことばかりで、診察に入るようになってからは、自分の頭で考える場面がより増えてきました。

獣医師 金井一晃

いつも心がけたのは、先輩の技術をより身につけるためには、ただ見学するだけでなく

どのように《見るか》でしたね。

2020年  9月

・救急で来院された診察に入る

・救急を対応しに行く先輩獣医師の診察に代わりに入る

金井先生は明るくて親しみやすいから、飼い主さんともすぐに仲良くなれそうだなー

ラム音(ラムネ)
獣医師 金井一晃

診察に入るようになると、飼い主さまとのコミュニケーションがとても大切になってきます。

初めのうちは緊張したり、自分の知識が足りなかったり、雑談に詰まったりすることもありました。

獣医師 金井一晃

ワクチン枠でもしっかり15分の枠を確保してご予約をとる病院方針ですので、

雑談からペットのおうちの状況を知れたり、家族の誰がお世話することが多いのかなどの会話を引き出していくことも大切ですので、今後は更に勉強して、信頼される獣医師になることが目標です。

2020年  10月、11月

・消化器系の診察(下痢など)

・猫の去勢手術、避妊手術

診察してるのを見かける回数が増えてきたね!

僕も嬉しくなっちゃうなー

ラム音(ラムネ)
獣医師 金井一晃

今までは、1日に1〜2件の診察でしたので、とにかく体を動かして検査したり、補助したり色んな事を吸収する時期でしたが、1日5〜6件ほど診察に入るようになり、頭も使うようになってきました。

忙しくなってきたぞ

という率直な感想です笑

獣医師 金井一晃

去勢手術や、避妊手術を執刀するようになり、今まで毎日先輩獣医師の手術を見学していたが、

見るのと実際に手術するのとでは、想像を超えて全然違いました。

でも、先輩が横についていてくれていたので、緊張はありますが、しっかりと手術に向き合う事が出来ました。

2020年  12月

・予約外の当日来院された方の診察が増える(1日8件程度)

待ち時間解消のために、予約をとって来院できるようになってるけど、予約外の飛び込みでくる飼い主さんもたくさんいるね。

12月だからかな?

ラム音(ラムネ)
獣医師 金井一晃

予約で来院される方がほとんどですので、予約がない方は先生の手の空く時間を待って頂く事が多くなってしまいます。

そのような飼い主さまの診察に入る事が1日8件くらいに増えてきました。

獣医師 金井一晃

治療方針の相談は、全員、色んな人に聞きに行きます!

相談しやすいオープンな造りの病院ですし、聞きやすい人柄の方が多いです。

予約診療なので、予約が詰まっている時は先輩が空いてなくて少し悩みますが、

みんなが気にかけてくださるので、遠慮せずに聞くようにしています。

月に1度の専門外来の先生方のアドバイスも受けられる環境なので、最高に心強いね!!

ラム音(ラムネ)

皮膚科     関口先生

眼科      滝山先生

エキゾチック科 霍野先生

麻酔科     長濱先生

臨床病理科   小笠原先生

画像診断    嶋崎先生

とってもすごい先生たちが毎月、診察と指導に来てくれてるもんね!

1から経験を積み上げて、勉強できる環境は万全に整ってるよ。

ラム音(ラムネ)

2020年  1、2月

・徐々に自分の指名の予約が埋まるようになってきた(1日10件程度)

忙しくなってきたと思うけど、、、

ちゃんと睡眠とれてる?

ラム音(ラムネ)
獣医師 金井一晃

出勤時間は早番の時は8:30です。

最初の頃は、朝6:30に起きて朝食とゆっくりコーヒーなんかを飲んで出勤していましたが、

今ではギリギリまで寝ていて、7:30にやっと起きます。睡眠時間はたくさん欲しいタイプなので、なるべく早めに寝るように気をつけていますね。

休みの日は、寝て過ごすことが増えてきました。お昼まで寝て、起きたらラーメン作ったり、、、

して過ごしていますね笑

いかがでしたでしょうか。

最初の1年間のおおまかな進み方が伝わると嬉しいです。

金井獣医師は、話しかけるといつも笑顔で接してくれます。取材や撮影を頼む時も、楽しくお話してくれ、スタッフの癒しのような存在の先生です。

飼い主さまたちにとっても、どんな相談でも広い心で受け止めてくれる安心感のある先生になっていくことでしょう。2年目に突入し、任される仕事も今以上に増えてくることかと思いますが、いつも明るく、更なる飛躍を期待しております!