病院選びは、ここを重視しました!

就職先の病院の選び方を確認していきましょう!

 見学のポイントは?

 

 

病院選びのコツ

どうしてりんごの樹動物病院を選んでくれたの?

ラム音(ラムネ)
獣医師 中川しほの

・スタッフの人数

・獣医師の男女比率

・それぞれの働き方

・経験年数のバランス

・病院の雰囲気

・新人を受け入れてくれるか

・住みやすい土地かどうか

を見学のポイントにして学生時代に10件ほど回りました。

始めは関東ばかり見学していたけど、ピンとくる病院がなくて・・・

足を伸ばして初めて愛知県まで行ってみました。

獣医師 中川しほの

ホームページを見ているよりも、その病院の雰囲気を肌で感じることが一番大切です。

でも見学は知らない場所に行く緊張もあり、とっても疲れてしまいます。

まずは、1日でも見学すると雰囲気はつかめると思うので、1日ずつたくさん見学して、良かった病院に再度見学に行くのもアリだと思います。

頑張ってくださいね!

りんごの樹動物病院に入って良かったことは??

ラム音(ラムネ)
獣医師 中川しほの

女性の学生さんも獣医師もとても増えてきています。社会保険がしっかりしていて、

産休、育休、週休、有休がきちんと取得できることでしょうか。

休みは完全に週休2日取得できます!

本、機材、道具、薬は豊富にあり、やる気があればどんどん色んな分野に挑戦させてくれる環境ですよー

副院長 加藤奈央の場合

副院長 加藤奈央

私が選んだ理由は、最初は名古屋で探していましたが、当時社会保険が整っている病院が少なかったため、きちんと整っている病院を探していて、

最後にやっとりんごの樹動物病院にたどり着きました。

副院長 加藤奈央

ワクチンで来院された場合でもきちんと15分話を聞く時間をとっているという話で、

しっかり飼い主様に寄り添っている病院だなと思って選びました。

どんなに忙しくてもここは変わらないでほしいな。

加藤先生は、2人のお子さんがいるから子育てと副院長の両立はどうなのかな・・・

ラム音(ラムネ)
副院長 加藤奈央

学生の頃の決め手は、臨床の楽しさや、やりがいがとても大切なポイントでした。

育休復帰する際も、やはり臨床を続けたい気持ちが強く、家族のバックアップのおかげで今の働き方が出来ています。

副院長 加藤奈央

出産後に復帰する女性獣医師でも、子育てと両立して働けるようにパートタイマーとしての勤務も可能です。

獣医師の数が多いので、保育園からのお呼び出しにも協力してもらいやすいです。

たくさんの本や、セミナー参加援助もあり、

出産後にもう一度、勉強できる環境は整っているので安心してくださいね。

獣医師 小村太郎の場合

獣医師 小村太郎

僕は学生の頃、公務員のが性格に向いていると言われたことがありました。

獣医師の業務は色々あり、公務員も選択肢の一つでもあるとは思いますが、

やはり飼い主様に寄り添いながらケアができる臨床は、やりがいのある仕事です。

小村先生は、眼科や整形を主に学んでくれてるんだよね!

ラム音(ラムネ)
獣医師 小村太郎

眼科はりんごの樹専門医サイトでブログ書いてるので、良かったら見てね笑!

整形では、さらに手術の技術を向上させ、

内科的治療では、飼い主さまの意見を尊重し、安心できる環境づくりが出来る獣医師を目指し、

後悔のない形でペットとのお別れができるよう、対話を大切にしたターミナルケアを行っていきたいです。

獣医師 河内佑介の場合

河内先生は、他の病院で1年ほど勤務されてからりんごの樹動物病院に移ってきてくれたんだよね!

ラム音(ラムネ)
獣医師 河内佑介

理想は小さな病院でみっちり技術を身につけられる環境を望んでいました。

ですが、前の病院では診察や手術というステップに進ませてもらえず、技術を身につけられる環境ではありませんでした。

見学はしていましたが、実際に働いてみないと分からない点でした・・・

いつも診察の予約がいっぱいで、飼い主さまへの発信なども積極的に動いてくれる河内先生はりんごの樹でとっても輝いてるよ!

りんごの樹を選んでくれて嬉しいな〜!

ラム音(ラムネ)
獣医師 河内佑介

中途採用でも段階を踏んで成長できるようになっていて、色々挑戦させてくれる環境で安心しました。

症例数がとても多く、様々な実践と改善が出来ます。セミナーへの参加や、専門外来の獣医師からのアドバイスで外部の情報もどんどん活かせます。

自分の分野を広げ、個人の選択も通りやすいので、ステップアップや転職を考えている人には合っていると思います。